医師をサポートする仕事|医療に携わるためには資格が必須|人から頼られる仕事

医療に携わるためには資格が必須|人から頼られる仕事

医師をサポートする仕事

PCを操作する婦人

求人数は年々増加中

病院やクリニック等に勤務する医師は、診察や治療などの本来業務のほかにもさまざまな仕事を抱えています。カルテの作成や資料の取りまとめなどの事務仕事がそれで、近年はその量が診療のために使うべき時間が十分に取れないほどにまで増大していると言われています。そこで、多くの医療機関ではこうした事務仕事を補佐する専従者を置いて、医師の負担を軽減しようとする動きが見られます。このような職種のことを、医師事務作業補助といいます。医師が本来業務に専念できるような環境づくりを進めることについては国も後押しをしており、2008年からは診療報酬の加算が行われるようになりました。そのため、医師事務作業補助者を設置する医療機関は年々増加しており、求人数も高い伸びを見せています。

医学に関する知識が必要

医師事務作業補助の仕事に就くのに特別な資格は必要ありません。ただ注意が必要なのは、業務にはそれなりの専門知識が必要となるということです。医師事務作業補助者の主な業務内容としては、電子カルテの入力代行、診断書や紹介状等の作成、学会発表等に使用する資料の整備などが挙げられます。いずれも医学に関する知識がなければ、事務を円滑に遂行することができません。そこで、医師事務作業補助者を目指す多くの人は、専門学校等で必要な知識を習得してから就職に臨む傾向にあります。そうした学校の中には、学課修了とともに独自の認定資格が取得できるところもあります。医療現場での事務仕事をすでに経験している人はともかく、未経験者なら資格を持つことは求人応募時のアピールポイントとなります。

Copyright © 2016 医療に携わるためには資格が必須|人から頼られる仕事 All Rights Reserved.